バッグクリーニング

バッグも当然汚れる訳ですし、洗濯してみようかなというモチベーションが、時々思い浮かんだりするものではないでしょうか。

もちろんいつまでもキレイに使用したいと誰もが思っているはずです。バッグも自宅で洗濯出来ないことはありません。そのときは洗う時は優しく丁寧に洗いましょう。洗濯機で洗うというときは、素材によっては洗うことが出来ないものもありますので、なんでも洗濯機という意識は決して正しくはありません。

そして、可能だとしても洗濯によって形が崩れてしまわないように、バッグの中に、タオルなどつめることがポイントです。布地のバッグなどは漂白剤を使うとシミの元になるので注意をしましょう。脱水は型崩れの原因になりますので極力しない方が良いです。

どうしてもという時はちょっとだけして短時間で終了するようにしてください。そして、バッグの素材が綿・麻ということであれば、石鹸を溶かしたお湯の中で洗う「煮洗い」という方法も効果的です。そして、更に注意をしなければならないことは、乾かすときです。

日光によってバッグが痛んでしまうかもしれません。直射日光は厳禁!陰干しで丁寧に乾かすモチベーションが大事です。でも、大事なバッグが、安易な洗濯によって台無しになってしまう可能性がない訳ではありません。そのため、やっぱりバッグクリーニングをお願いするモチベーションが正しいのかもしれません。どうしても落ちない汚れを落としてくれるのもこちらの方法です

革の寿命がより長く